NANDEMO編集部

生活情報や、書籍etcなんでも紹介ブログです

【健康】#10 妻が糖尿になりまして

\読者登録なにとぞお願いします/

#10 妻が糖尿になりまして

妻。第二形態へ

f:id:amatatu_i:20210118224102p:plain

負けるか~
倒れるなら前のめり

妻は、前の低血糖の件で、中途半端な糖尿病に関する知識ではダメだと感じたらしく、徹底的に病気のことを調べはじめました。

その為、落ち込む事もあり、感情に起伏はみられましたが、前の様に、絶望感のあるそれとは違い、感覚的には、後ろに座り込むような落ち込みではなく前を向きながら、前のめりに手をついてまた歩き出す様な気持ちが感じられました

TVのおいしそうな店の情報番組を見ては、

食べさせろ~。とか、このラーメン今なら10杯いけるとか、明るく愚痴をいいながらストレスを逃がそうという時もあります。

ある時は、このタレント、糖尿大丈夫かな?

人の心配までしています。

とくに気にしているのが、安田大サーカスのクロちゃんです。

クロちゃん、絶対やばいよ体!。

今、頑張んないとダメでしょ!辛いと思うけど、頑張んなよ!

TVに向かって、怒ってます

 まるで、自分に言ってるみたいに。

 

 

とにかく お金 
 

妻曰く、『糖尿病になったとて、金があればなんとかなる』

妻が言いたいのは、専門の業者に任せればいいとのこと。

糖尿病食を提供してくれるデリバリーサービスは山のようにあります。

便利です。制約の多い食事を、カロリーごとに計算され、飽きないように、かつ、食べ応えがあるように、管理栄養士が工夫して作られています。

www.wellness-dining.com

 

 

しかし、問題があります。高すぎます。毎日の事なのに、私達家族には手が出ません。

金がない。貯金もない。

どうする、妻。

うだつの上がらない夫(私)に対して、この世にある全ての暴言を何日もぶつけました。それはそれは、暴力こそないものの、こっちとしては拷問です。でも聞いてるしかありません。言ってる事はその通りのですから。耐えました。

そして、ひとしきりの毒をはきおえた妻は、覚醒します

 

妻。第二形態

自分が治らない病気「糖尿病」だと落ち込み、精神的に不安定な時期を、ある程度乗り越え始めたののが、妻の第一形態

そして、妻の第二形態とは。

妻は、鬼の様に勉強しはじめ始めました。単発の料理教室にも参加して、料理を学びました。通信教育も始め、知識を詰め込みます。

まるで、空腹を知識で満たすかの如く、毎日毎日。

目的はただ一つ。

少ない食事で、栄養価が高く、ハンパない満足感を得たい!

それを自らの手で作り上げる!

 その一心です。おそろしや、食を抑圧された人間の食への追求心!

金がないなら、知恵をだすしかない。

くそ夫を持ったからには、自分の身体は自分で守る!

f:id:amatatu_i:20210118225123p:plain

頼れるのは自分!

 妻。資格取得

そして、取得した資格は、

発酵食品ソムリエという資格です。

f:id:amatatu_i:20210118221210j:plain

 発酵食品ソムリエとは

まず妻が目をつけたのは「腸内細菌」のようです。腸はあなどれません

一説によると、「糖尿病」や「高血圧」の成人病にも関係しているらしいのです。

そのために『発酵食品』を勉強したようです。

 

 

 

それだけであきたらず、次に取得したのが、

和漢薬膳師!

f:id:amatatu_i:20210118222207j:plain

和漢薬膳師とは

薬膳とは、東洋医学の考えを元に、栄養価の高い生薬を加えてつくる中華料理だそうです。

それを日本人の体質にあったように和食・洋食にアレンジしたのが「和食薬膳」です。

妻は、とにかく栄養価の高いもので、おいしい料理を作ろうと思ったようです。

www.gakubun.net

 

 妻はまだ何か取ろうと勉強中です、

完全に健康オタク

いや健康の鬼

そうです。妻第二形態の形は、健康モンスターなのです!

 過去10年位に流行った健康食品は全て頭に入ってるようで、TVの特集とか見ていて、ちょっと質問すると、話長すぎだろっていうくらい答えてくれます。

 そんな勉強を重ねた妻を悩ませた事。

それは主食問題です。

妻は白米大好き。

おにぎりをおかずに、白米を食べるのもいとわなかった妻が、

口にできる白米は、一食で、最大150g

足りません。

そんなもん。私なら、三口で終わります。

なんとか、最小のカロリーで、最大の満腹感を得る!

妻の勉強は家族の食事を普通につくりながら、

つづきました。

そして、現段階で最良のものに出会うのでした

 

つづく

 

もしよろしければ妻が糖尿病になる経緯を書きました#1~#9もよろしくお願いします。

 

www.amatatu.com

 

www.amatatu.com

 

 

www.amatatu.com

 

 

 

 最後まで読んで頂きありがとうございました。