NANDEMO編集部

生活情報や、書籍etcなんでも紹介ブログです

【日記】 映画『えんとつ町のプペル』損得勘定ベースの正直感想

\読者登録なにとぞお願いします/

こんにちは NANDEMO編集部 あまたつです!

先日、遅まきながら、いろいろ賛否の絶えない『えんとつ町のプペル』4年生の娘二人で観てきました。

ところで、私の家は、健康カテゴリーで「妻が糖尿病になってしまった」ブログで書いてます通り、

 

www.amatatu.com

 いろいろありまして、貧乏です。

その為、私は必然的にケチになりました。

 

その為、私の判断基準は、面白いとか、面白くないとかそういう人によって変わる、主観的なものの見方は一切ございません。

あるのは

『大人1800円子供1000円合計2800円を、わずか1時間半でなくす事に、この映画の価値はあるのか』

この貧乏くさい価値判断の一点のみ、でございます。

もし自由に使える110円があったなら、一瞬の快楽の食べ物よりも、長く使えるボールペンを選ぶ私。

出来るだけその110円を長く味わいたい私。

天才西野さんよぉ~。うちの2800円よろしくたのむぜぇ。

f:id:amatatu_i:20210224082956j:plain

そんな気持ちで映画館に行ったのでした。

 

 

『えんとつ町のプペル』に行ってきた感想

娘は予備知識なし?

娘に聞きました。

「『えんとつ町のプペル』って知ってる?」

すると娘は、

「CMでしか観たことないよ。CMから想像すると、煙に覆われた町の人々に、あの少年が星を見せる話かな、知らんけど

知らんけどっていう割に、だいだいあってるみたいな気がします。

4年生の娘は、西野さんが書いた絵本を見る歳と微妙にずれた関係で、こんな感じです。

私も絵本を見たことがなかったので、それ以外に何かあんの?っていうくらいの感じでした。

 

見終わった「損得勘定」ベースの感想

内容に関してのレビューは、他の方のブログでも書かれているので、割愛いたします。

まず、第一に、

超~面白かった」と娘が目をうるうるさせながら言っていました。映画でうるうるしたのは生まれて初めてだと。

そして、もう、4年生にもなり、はずかしさからパパと手をつながなくなってしまった娘が、「父ちゃん」と言いながら腕を組んで歩いてくれました~笑

この映画を娘と二人で行ったのは良かったっす。

そうです。この映画のとなる部分は、煙じゃなくて、こういう事だったのです!

当然わたしもうるっとしましたし、娘と腕を組んで歩くなんてもう一生ないと思うと、プライスレスな喜びがありました。

f:id:amatatu_i:20210224090558j:plain

大人1800円、子供1000円の価値はあるのか

わたしは西野さんに別に興味はありません。レビューでお金ももらっていません

しかし、この絵本分業で作られ、それぞれのプロフェッショナルの集合体だと知り、こう思いました。

すばらしい映画をありがとう。この職人技にお金を払いたいと。ケチの私がこう思ったのです。

うわさでは聞いていましたけど、映像の緻密さ迫力は感動しました。

内容的なつっこみどころはたくさんありますけど、絵本と思えばなんともありません

要は、心が伝わればいいわけですから。

ケチの私が思った結論は、もっとお金出さないと職人さん食べていけるだろうか。

職人さんにお金が行き渡るだろうか、という心配です。

つまり、2800円どころじゃない価値があるという事です。

飽きさせないアイディア

劇場に入る前にこんな看板が、

f:id:amatatu_i:20210224091729j:plain

 

副音声を聞きながら、映画みる?

発想がすごすぎます。やはりこの映画は絵本なんだなと思いました。

絵本は一回読んだら終わりじゃありません。同じ本をなぜか何度も読んで、そのたびに同じ気持ちになります。

私ももう一回みたいと思いました。もう一回職人さんにお金を払いたいと。

副音声は、2回目見る時に、こんな仕掛けがあったらいいだどうなと思う事です。

世に言われている、金もうけのためにやっているんじゃないみたいな気がしました。

2回目も楽しめるようにという、西野さんの粋なはからいじゃないかと思います。

まとめ

私はケチです。すぐ終わってしまうものにはなるべくお金は使いたくありません。

でも、この映画はすぐには終わりませんでした

観て映像美に感動し、伝えたい事に共感しました。

帰りには娘と腕を組んで帰りました。

心にいつまでも残る2800円だったとしか言いようがありません。

おすすめです。

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。