NANDEMO編集部

生活情報や、書籍etcなんでも紹介ブログです

【漫画感想】電車の中で無意識に笑ってた。『可愛いたぬきも楽じゃない』

\読者登録なにとぞお願いします/

f:id:amatatu_i:20201221211812j:plain

LaLa 白泉社

こんにちは! NANDEMO編集部 あまたつです

すごく恥ずかしいおもいをしました。アラフィフのおっさんである私としたことが、電車の中でスマホでマンガを読んでいた時、本気で笑ってしまいました無意識に。完全にあぶない人になっていました。我に返って、すぐに寝たふりするしかありませんでした。

見ていた漫画は、『可愛いたぬきも楽じゃない』です。実は、この漫画は家族にも秘密にしている私の癒しです。鬼滅や呪術廻戦が都会での緊張感のある生活だとするならば、この漫画は、田舎です。いや実家です。何も心配せずにただ笑っていたころを思い出してしまいます

リラックスしすぎて、実家にいる時みたいに笑ってしまったのです。みなさんにもぜひご紹介いたします。

 『可愛いたぬきも楽じゃない』 河口けい著

かわいいたぬきのマンガ?

白泉社「LaLa」と「マンガPark」で連載中の少女マンガです。でも、全然少女マンガっぽくないので、男性でも全く抵抗感のないギャグマンガといっていいと思います。

作者は、「お兄ちゃんはオオカミ」や「ウチの鬼先生」などの作品もある、河口けい先生です。

先生自体、少女マンガをほぼ読まずに、少女マンガ雑誌でデビューしたらしく、恋愛ものを書くのは苦手だそうです。

『可愛いたぬきも楽じゃない』は花とゆめコミックスペシャルで3巻まで出ていますが、私は、「マンガPark」でこのマンガに出会いました。「マンガPark」は、コインが毎日少しずつたまり、そのコインでマンガを読んでいけます。ボーナスコインとして、動画や広告を見ることで、貯めることもできます。

play.google.com

 

私が「マンガPark」をみるきっかけは、先日記事を書いた「自殺島」を読んだり、

 

www.amatatu.com

 私の好きな三浦健太郎先生の「ベルセルク」を39巻まで公開しているからです。コインをためれば、無料でスマホで読めるので、通勤の暇つぶしに読むのを楽しみにしていました。

f:id:amatatu_i:20201221220628j:plain

ベルセルク 三浦健太郎著

しかし、ある時、このいかつい男(ガッツ)の横に、このマンガを見つけたのです。

f:id:amatatu_i:20201221220829j:plain

ポン吉

可愛い~。なんだか惹かれてしまいました。ベルセルクとの落差すご!

しかし、思わず、ベルセルクを読むために毎日ためていたコインを全部使いきるくらい一気に、このマンガにつぎ込んで読んでしまいました。

ポン吉の魅力

このポン吉はただ可愛いだけではありません。毒舌です。かなりイラッとさせるような事を言います。でもそれがみょうにくせになってしまうのです。本の表紙が「ひれ伏せ人間ども」ですよ。可愛い顔をして、真逆です。

f:id:amatatu_i:20201221225057j:plain

欲深いポン吉

「100億部売れたいポン」と何か鉄の武器で攻撃しながら言ってます。欲の塊としか言いようがありません。

根に持つタイプ

かちかち山事件をまだ根に持っていて、ウサギにかなり怒っています。どんな手を使ってでも復讐をこころみます。かわいいとちやほやされるウサギのサイトを見て言った一言です。

f:id:amatatu_i:20201221225226j:plain

根に持つポン吉

お気づきかと思いますが、ポン吉には口がありません。だからかも知れませんが、ポン吉の話す言葉はテレパシーみたいに私の脳に響いてしまいます。

まわりのやさしい登場人物

話しは、ポン太が弁護士になったり、戦国時代にいったり、保育園の先生になったり、いろんな場面で暴言、やばい行動をとります。しかし、どんなポン太の行動にもおもしろいつっこみを入れるまわりの登場人物がやさしくてほのぼのします。

f:id:amatatu_i:20201221230229j:plain

なぜポン吉に惹かれるのか

ポン吉は欲の塊です。腹黒く暴言を吐きます。自分の言いたい事を素直に言います。そこがなんだかすがすがしいのです。私が会社では言えない事をストレートに言います。気持ちいいくらいに。その暴言は、ぬいぐるみのような可愛さでつりあいがとれてはいます。

 

まとめ

このマンガは、男性、もっと言えば、おっさんに読んでもらいたいマンガです。日々のガマンのストレスがすっとするくらい、ポン吉の毒舌が逆に爽快なのです。今回記事を書いてみて、ギャグマンガを文章で説明するのはかなりきつい作業だとわかりました。最低限の説明しかできませんでしたが、とにかく、ブラックユーモア満載で、思わず笑ってしまうのは間違いありません。オススメです!