NANDEMO編集部

生活情報や、書籍etcなんでも紹介ブログです

【Netflix】 『現れる死者の霊』そこには理由があった!

\読者登録なにとぞお願いします/

こんにちは NANDEMO編集部 あまたつです!

 

Netflixオリジナルドキュメンタリー番組『死後の世界を探求する』

www.netflix.com

 

 この番組は「死後の世界」というテーマについてのドキュメンタリー番組です。

シーズン1の第1話のテーマは『臨死体験』でした。

その時の記事はこちら

 www.amatatu.com

 私自身の臨死体験を告白しています。

 

そして、第2話、第3話のテーマは『霊媒師』です。

 

www.amatatu.com

霊媒師とはいったいどういう役割なのか、考察しています。 

そして、第4話のテーマは『天国からのメッセージ』でした。

故人からのメッセージはいつもそこにある、というものでしたね。

 

www.amatatu.com

 

そして、今回

 シーズン1の第5話のテーマは『現れる死者の霊』です。

つまり、幽霊です。

私は、不思議なもので、ポルターガイスト系のアメリカの映画の悪霊悪魔的な話は、まったくびびりませんまったく現実感がありませんし、完全なる非日常だからです。

しかし、怖いのは、その辺の自殺の名所でとれた心霊写真とか、

日本の事故現場に出る地縛霊とか、苦手です。びびります

ですから、今回は、身近な人の霊についての話をピックアップして考察します。

 

私は、一度だけはっきりと幽霊を見た事があります。

 そのお話も含めて、ドキュメンタリーを鑑賞していきたいと思います。

f:id:amatatu_i:20210302214210j:plain

 

 

  【Netflix】死後の世界を探求する

 

 

 現れる死者の霊

このドキュメンタリーでも言っていますが、心理現象の問題は、証拠が個人の証言に依存している事です。

幽霊を見たって言うけど、本当?

そう言われても、証明する手段がありません。

超心理学

超心理学とは、心霊現象を研究する学問です。

意識の死後生存を確かに示唆する証拠を得る為に、実は何百年も研究されています。

その学問の基本姿勢

数え切れない人が、超心理的な体験をしてきた。その正体を調べないなど、非科学的で、人道に反する

科学では、霊は超自然的で、信じるものは異常者だといわれるそうです。

しかし、科学的に答えが出ない事があるのは、事実です。

f:id:amatatu_i:20210303083303j:plain

 

終末期幻像

を目撃する人の約95%以上が、亡くなったばかりの友人や家族であるそうです。

その中の一つに、終末期幻像があります。

それは、

すでに他界した両親や親戚が、死後の世界に向かう手伝いをしてくれる幻像です。

 

 夢に現れたり、語りかけられたり、

患者が実際に対話している姿もみられるそうです。

故人が迎えに来て、あの世に案内してくれるのです

私の父の例

私の父は脳腫瘍で他界してます。発見時にはレベル4で、もう手遅れでした。

しかし、幸運にも、抗ガン剤や、レーザー治療で奇跡的に腫瘍の進行が遅れ、話しもわりと普通に会話が出来るまで回復し、希望が見えて来た頃、

父は私に言いました。

「昨日、ここに死んだ親父と、姉ちゃんが来たんだよ」

え~!ですよ。どうして?病室に?

「すぐ、出ていったけど。何だか笑ってたよ」

マジ? でも、ちょっと早くない?フライングでしょ。

死んだ人が迎えに来るとかよく聞きますけど、それは、臨死体験の話で、心臓停止している時に、迎えに来てくれるものなのじゃないの?

そう驚いたのを覚えています。

 

ちょうどその事が、このドキュメンタリーでは語られていました。

錯乱状態にある脳の機能不全では、思考の交錯、恐怖不安、滅裂思考の症状になり、幸せそうな顔などの認識は不可能である。

ねむっているわけではない。現実感があり、脳の酸欠や投薬のせいではない事は、実証されている。終末期幻視では認識力が正常なものが多い

 父の例は、まれな例ではなかったのですね。

余命6ヶ月未満の人が入るホスピスで、多くの資料映像が残っています。

ホスピス病棟ではよくある事のようです。

このドキュメンタリーを見てやっと腑に落ちました

父とそのその話をしていた時、私は、たまたま一緒にいた看護師さんの表情が曇ったのがわかりました。

きっとその看護師さんは、科学的ではなく、経験的にわかったのではないかと思います。

父の死期が近い事を。

案の定、父は1ヶ月後に、回復しかけた脳腫瘍ではなく、ごえん性の肺炎で他界しましたから。

 

 

f:id:amatatu_i:20210303083448j:plain

私が唯一みた幽霊

もう一つ腑に落ちた事があります。私が一度だけ見たことのある幽霊の話です。

私の事をかわいがってくれていた、祖父がガンになり、一時的に外泊が認められ、実家に泊まった時の事です。

小学1年の私は、祖父の側で寝ていましたが、夜中にふと目がさめると、祖父の周りに人だかりが出来ていたのです。そして、壁をすりぬけて、どんどん集まってくるのが見えたのです。

驚きと恐怖で、顔ははっきりとは見る事はできませんでした。

急いで布団をかぶりました。そして、おそるおそる布団から顔をだした時、だれもいませんでした。

今考えると、祖父を迎えに来た先祖だったのかも知れません。

その後、1ヶ月ほどで、祖父は他界しました。

終末期幻像の本当の意味

ホスピスの現場では、死にゆく人が、いないはずの人と話す事は驚くにあたいしない事だそうです。薬のせいではない状態で。

そして、家族にその事を話します。その事で、本人はとてもやすらかな気持ちになれるのだそうです。

そして、なにより、残された人の死別の苦しみを和らげる効果があります。

わたしの場合、父は祖父とおばさんに案内してもらっただろうと安心できますし、祖父も先祖の所、みんなと一緒のところにいっただけのような気がします。安全な場所に、にこやかに。

f:id:amatatu_i:20210303083711j:plain

 

まとめ

終末期体験は遺族も救います。悲観が軽くなり、自分も死んだらまたいっしょに暮らせる気になります。そう思う事で日々をやりすごす事が出来るようになります。

このドキュメンタリーでは、 語られます。

信じれば確証はいらず

疑えば確証はたりない

 

 最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。