NANDEMO編集部

生活情報や、書籍etcなんでも紹介ブログです

【アウトドア】キャンプの醍醐味、焚き火! しかも『直火』が最高!

\読者登録なにとぞお願いします/

こんにちは NANDEMO編集部 あまたつと申します。

突然ですが、焚き火はキャンプになくてはならないものになってきました。そこで、昨今、問題になっているのが、「直火禁止」問題です。直火好きな私としては、これ以上直火禁止のキャンプ場を増やしたくありません。ということで、直火について知っていただきたく思います。

 

【目次】

 

 

 キャンプでの直火禁止とは!? ていうか直火って何?

 キャンプ場で直火最高!

直火とは、読んで字のごとく、直接地面の上で火をおこすこと、つまり、地面の上で焚き火台をつかわないで焚き火することをいいます。通常は、火をおこす時には焚き火台という専用の道具を用意し、地面から一定の距離をとってその上で火をおこすのが普通です。



しかし、直火にすることによって、焚き火台の限られたスペースをこえて、必要な大きさを一回で確保することが出来ます。

焚き火台を使用して暖をとるよりも、直火の方が足元からかなり温かいです。その為、地面に座ったり、寝転んだりしても大丈夫。また、キャンプファイヤーからわかる通り、火を囲むと、なぜか周りの人たちに親近感を覚えます。これはとても不思議な事ですが、燃えている炎を見ていると、なぜか安心してしまいます。

直火の正しいやり方

石を積み上げて、かまどを作って行います。注意点は、あまりかまどの大きさを大きくしないことです。大きすぎるとすぐに薪がすぐになくなります。そして、芝生の上では絶対にやめましょう土の上か、もしくはコンクリートの部分があればそこで行うのがルールです。

直火の道具

直火に必要な道具は、薪に空気を入れるために少しずらしたりする時に使う、火ばさみトング厚手の革製耐火グローブがあげられます。もしあれば、木を割るナタ、火をつける柄の長いライター等があれば最高です。直火をする時は、火の粉が舞う時もありますので、燃えやすい服装もやめましょう。

 

直火の注意点

まず第一に、火をコントロールできる範囲を超えないようにするのが重要です。多くの薪を並べてしまい火が大きくなってしまうと、タープやテントを溶かしてしまう危険もあるからです。薪にガソリンをまいて火をつける行為はいきなり火の力が強すぎて危険なので絶対にしてはいけません。秋は枯れ葉をどけてから行いましょう。落ち葉に引火して大変な事になってしまいます。新聞紙や、落ち葉は灰が舞いやすいので燃やさない方が賢明です。

直火後の処理の仕方

完全に燃やし切って灰にする事が大事な事です。残った灰は灰捨て場にすてるか、バケツに入れてもち帰るのがルールです。かまどに使った石は目立たないくらいにばらしておき、火の後は焚き火の痕を残してはいけません。

 

キャンプで直火禁止の理由

 キャンプ場で直火が禁止される理由は、一言で言えば、キャンプをする側のマナーが問題と言えます。直火をすると下の芝生などが枯れ再生するのに何年もかかる上に、地面が真っ黒になり、黒い石がたくさん残ってしまいます。そして燃えカスも出ます。

焼畑農業というものもあり、影響に関しては不明瞭ではありますが、多くの微生物が火に弱いのはたしかなことです。良質な土に再生してくれる微生物の多くに影響をあたえてしまうようでは、キャンプをすること自体が環境破壊と変わらないものになってしまいます。

人間の心理の怖さ

人の行動心理として、誰かがやった場所でやれば大丈夫だろうと勝手に判断する傾向にあります。その為、同じ場所で直火が何回も行われてしまい、芝生の再生が完全に困難になってしまうのです。そうして無造作に行われた直火は、枯れ葉などに燃え移り、山火事の危険性へとつながっていってしまうのです。

後片づけが大変

直火を終えた後は、いつものキャンプ以上に後片付けに時間をかける必要があります。それを中途半端にすると後に利用する人の迷惑になります。よくある迷惑な状況は、消火のためにかけた水で水浸しで、ぐちょぐちょのまま放置していってしまったり、土をかけて消火してそのまま帰ってしまった為に、次の人がその土に触れてやけどをしてしまうこともあります。ゴミや段ボールを燃やすと煙が異常に出て他のキャンパーに迷惑をかけてしまう事もありますし、海鮮バーベキューの貝殻など燃やせないものが残っている事もあります。

f:id:amatatu_i:20201205212225p:plain

完全に燃やそう!

 

 

まとめ

「キャンプ場、来たときよりも美しく」

これが、直火OKのキャンプ場を守る大原則です。直火はそのワイルド感が、夜のキャンプを演出してくれますが、直火の後始末の基本を怠ると、直火のキャンプ場はどんどん減っていってしまうでしょう。

最近では、ご紹介したように「焚き火台」を使用する場合がほとんどだと思います。しかし、もし直火OKのキャンプ場に足を運ぶ事があったら、直火にチャレンジしてみてください。自分の中の古代人だった時のDNAが揺さぶられ、想像を超える感動に出会えます。

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

www.nap-camp.com