NANDEMO編集部

生活情報や、書籍etcなんでも紹介ブログです

【アウトドア】冬のキャンプ 知らないとまずいガスカートリッジ知識!

\読者登録なにとぞお願いします/

 

f:id:amatatu_i:20201208103741j:plain

キャンプ必需品

 こんにちは NANDEMO編集部 あまたつです。

寒い日に夕飯に、温かいものが食べたくなる季節になってまいりました。そんな時は、もちろんお鍋ですよね。そこで、家でお鍋をするときに、いつも出番になるのが卓上コンロです。このコンロのおかげで、冷めてしまう事無く、食事ができます。その上、災害時なども利用することが出来るとして、準備をしている人も多いと思います。

今回は、あまり考えていなかった、卓上コンロの燃料ガスカートリッジ』について、また、キャンプで使うガスについての、おすすめ購入から、使用後に問題になってくる捨て方までご説明いたします。

 

 

【目次】

 

 ガスカートリッジの種類・価格・捨て方

カートリッジの大きさ・かたち

 家庭でよく見るカセットコンロのガスカートリッジは、縦長です。一方、キャンプなどのアウトドアでよく見るガス缶と言われるカートリッジは、もっと横に広く安定感のある形をしています。そもそも、なぜアウトドアと家庭用のガスカートリッジがこんなに違うのでしょう。価格も全く違います。

f:id:amatatu_i:20201208104123j:plain

家庭用卓上コンロ
ガスの種類 

家庭用のガスカートリッジも、アウトドア用のガス缶も、中身は同じ種類のLPガスが使われています。しかし、LPガスは寒さに対する強さ3種類のガスに分けられます。

nブタン

安全性が高く、長持ちしますが、寒冷地では全く役に立たないというデメリットがあります。

イソブタン

nブタンよりもガスの減りが早く、同じ時間持たないというデメリットはありますが、nブタンよりも低温に強く、マイナス10度でも着火が出来ます

プロパン

最も寒さに強く、マイナス42度まで着火可能ですが、高火力すぎて危険な為、ガスカートリッジにはある程度しか配合できません。

価格の違い

ガスカートリッジの価格の違いは、この3つのガスの配分で違ってきます。

家庭用の卓上コンロのガスカートリッジの価格は一番安いものでだいたい100円程度で販売しています。このガスの中身は、nブタンが100%ですので、低価格なのです。このガスは安いですが、冬のアウトドアには向きません

次に少しランクが高いガスになると、nブタン約70%イソブタン約30%という比率で低温でも高い火力が維持しやすくなります。そして価格は倍の約200円程度になります。

キャンプ用に使用するガスカートリッジですが、夏だけではなく、低温での使用も想定したカセットガスが必要となるので、そのガスの配分は家庭用のものとは全く違います。ガス配分は、nブタン0%イソブタン約95%プロパン約5%の配合となり、寒い場所でも燃焼を維持できるものになります。その為一本当たり400円程度になります。アウトドア用のガス缶が安定感のある形になっている理由は、安定させることで、プロパンを多く配合する為なのです。価格は約250gで価格は400円~600円程度となっています。

f:id:amatatu_i:20201208110020p:plain

鍋のおいしい季節ですね

 

廃棄・処分方法

楽しい時間も終わり、カラになったガスカートリッジや、何年も前に少しだけつかったもの、使えるのかもよくわからないものの処理に困りますよね~

ガスカートリッジは処分の方法を十分注意しなければならりません。ビンや缶の燃えないゴミと一緒に安易に捨てては絶対にいけません

まず廃棄方法の基本は、ガスカートリッジは必ず使い切るという事です。もし、少し残ってしまったとしても、機械にセットしなおして、使いきるまで燃焼させましょう。そして、中身が空になったら、「各自治体の指示」に従って処分します。それは、自治体によっては「穴はあけない」ところと「穴をあけて」廃棄してくださいという所に分かれるからです。もし、穴をあけるように指示がある場合は、必ず風通しのよい場所で、周りに火気のない事を確認の上、穴あけを行うようにして下さい。

大量にガスがあまっていて、年数がたってしまっている場合は、ガスカートリッジのメーカーに問い合わせましょう。直営店で引き取ってくれる場合もありますし、なんらかの方法を教えてくれるはずです。わたしは、安易に穴を開けてしまい、ガスが吹き出してしまい大変でした。まるで、風呂場でシャワーを床に置いたまま水を全開にしてしまったみたいに暴れまわります。なんとかつかまえましたが、手ぶくろが凍ってしまうほど冷たくなりました。とにかく絶対だめです。

お住まいの地域によっては、ガスカートリッジ自体、破棄することを禁止しているところもあります。もしも、処分が出来ない場合は、必ずメーカーに問い合わせしましょう。

ガスカートリッジの注意点

ガスカートリッジには注意しなければならない事があります。ガスカートリッジのメーカーは、それを使用するバーナーのメーカーと同じにするという事です。ガス口や接続部が微妙に異なっているので、安全面からみても同じメーカーを使用しましょう。もし、機器側の問題で事故がおきてしまった場合でも、使用者側が、他社のガスカートリッジを使用してしまっていた場合、責任が無いと主張されてしまう恐れがあります。

オススメのガスカートリッジ

家庭用のガスコンロをキャンプに持ち込む事も全く問題がありません。

ただし、寒さの問題がありますので、寒さに対応したもし、ガスカートリッジを寒さに対応したものを選びましょう。、物に変えればよいのです。オススメは、アウトドアブランドであるユニフレームの『プレミアムガス

寒冷地でも快調に燃焼出来る事をうたっています。

寒い時期のキャンプでは、朝晩はとても冷え込みますので、低価格のガスカートリッジでは十分な火力がえられませんので、こちらの商品のようなガスの配合が必要です。

 

【まとめ】

ガスカートリッジで問題になってくるのは、ガスの配合です。いくら安いからといって、寒さに弱いものをキャンプに持って行くと、使用できないというまずい事態になってしまいます。ガスカートリッジとガスバーナーは同じメーカーにして、説明書を良く読んで、使用時間、適応できる気温を確認するのを忘れないようにしましょう。そして、必ず完全に使い切ってから、自治体の指示に従って、安全に廃棄するようにしてください。楽しいガスコンロライフを!