NANDEMO編集部

生活情報や、書籍etcなんでも紹介ブログです

【アウトドア】キャンプ用具で忘れがちなものNO,1 それは!手袋

\読者登録なにとぞお願いします/

f:id:amatatu_i:20201227224908j:plain

キャンプ用革手袋

こんにちは! NANDEMO編集部のあまたつです。

キャンプ用品をそろえるときに、まず何から購入を考えますか?テントでしょうか、タープでしょうか。いろいろ悩みながらショップを周り、そして一通り道具をそろえたら、いざキャンプに出発!

となりますが、ちょっと待って下さい。おそらくあなたは忘れています

何をって? それは買い忘れランキング上位に君臨するもの。

それはキャンプ用の、グローブ、つまり革手袋です。

もしかすると、忘れているのではなく、軍手で大丈夫とか思ってませんか?

熱い鍋をつかむ時や、焚き火の時等に必要ではないかと思いながら、最初は我慢しようと思っていませんか~

やばいですよ~。これがないと、まるでボクシングの試合でボディブローを受け続けるかのごとく、ジワリジワリとダメージが蓄積されます。キャンプにおいてグローブとは一体どういう存在なのでしょう。詳しくご説明いたします

 

キャンプにおけるグローブの役割

予算がなくなってカットされてしまう、あったら便利、なかったら他のもので代用しよう、という位置づけなのが、グローブです。

しかし、そのグローブは、いざキャンプに出て、回数が増えるにしたがって存在感を増してきます。

キャンプに革手袋は本当に必要なのか

キャンプ中における、ケガは予想もつかない時におこります。

軍手で代用しようと、軍手で作業中、軍手が破けてしまって、不用意なやけどをしたり、または引火してしまうかもしれません。

そればかりではありません。軍手では熱すぎて手を離してしまい、せっかく作った料理をこぼしてしまったりする危険性はゼロではありません。

レジャーをより安全に行うことはキャンプの絶対条件です。

少しでも危険性があるものは、安全性の高いものに切り替える必要があります。

 

グローブの価値

キャンプの革のグローブはとても利用価値が高いアイテムです。

たとえば、薪割りの時など、ささくれから手を守るのに必要ですし、ナイフや斧を持つ手が滑りにくくなるので安全です。キャンプに大活躍のダッチオーブンは鉄製で重く、タオルなどで持つのは実はとても危険な行為です。

意外にやけどをしがちなのが、ふたを開ける時の蒸気です。蒸気は範囲が広くちょっともっていたタオルでは熱さと重さでバランスを崩すことが多いのです。レザーはグリップが利くので、鍋つかみよりも絶対安全です。

テントを張るときも、ペグをうつ時のハンマーから身を守ってくれます。もし、グローブがなかったら、一回のキャンプで小さいストレスがたまります。ペグで一回手をたたいてしまうかもしれませんし、薪割り中に軍手の穴からささくれがささり、痛い思いをするかもしれません。鍋をあけた時にちょっと「熱っ!」となるかもしれません。それは、キャンプを続行不可能にはしませんが、ダメージの蓄積にはなってしまうのです。安全面、小さいストレスの面から考えれば、グローブは絶対に必要なものでしょう。

 

キャンプ用オススメグローブ

グローブには、ひじ近くまであるロングタイプと普通の手袋のようなショートタイプがあります。選び方のポイントとしては、どのような用途をメインに使うかを考えなければなりません。というのは、耐熱性を重視し、厚みがありすぎると、細かい作業がしにくいデメリットがありますし、その逆に、作業性がいいと、耐熱性がややおとるという事になるからです。

 

まず定番なのが、『グリップスワニー』の手袋でしょう。鮮やかな黄色も人気が高く、安心できる商品です。スワニーイエローと呼ばれるこの黄色は、暗い所で落とした時に見つけやすいと、1848年の販売当時からの人気の色です。

手袋にこんなに高いお金はかけられないと思った方、もし、ほつれ等で切れてしまった場合は、使用年数にかかわりなく無償修理してくれるという、メーカーのプライドを感じる商品です。こちらのメンテナンスはミンクオイルをぬりこむだけなので、長年の相棒になってくれます。

そういう事を考えれば、決して高い製品ではありません。

 

火を使う時に有効でインナーも洗えるのが、スノーピークの『フャイヤーサイドグローブ

です。細かな作業には向かないかもしれませんが、名前のとおり焚き火などの火を使う作業をする時は、力強い味方になるグローブです。

  グローブのお手入れ方法は?

お手入れの方法は、手袋によって違いますので、基本的には、そのグローブに付いている洗濯タグ表示に従ってください。ただし、ひとつ言える事は、いくら汚れがひどいからといって、革の手袋を丸洗いするのは、最終手段です。せっかくの革が台無しになってしまうからです。

革手袋は、メンテナンスを毎回きちんとすることで長く使うことが出来るアイテムです。基本は濡れたら乾かす事。もし、インナーグローブが付いているのであれば、洗濯タグに従って、定期的に洗って清潔にします。あまり汚れがない場合は、ミンクオイルを塗り込むだけで汚れもおとせますし、オイルもつけることが出来ます。

しかし、焚き火に使用して、予想外に真っ黒になってしまったレザーグローブを何とか綺麗にしたい。とお考えの場合、これだけでは落ちない事もあります。そんな時の汚れ落とす場合は、ステインリムーバーがオススメです。

表の皮に使用しますが、スエードやヌバックには使用できないのでご注意ください。ウエスにステインリムーバーをしみこませて皮の表面を磨きます。本気で落とそうと思ったら根気よくやるのがコツです。数十分かかることもあります。汚れを十分に落としたら、革の栄養として、デリケートクリームを使います。これも。きれいなウエスに少しずつつけて行います。最後の仕上げにその皮の色にあったワックスをぬります。そして最後にブラッシングをしてメンテナンス完了となります。

 

 

【まとめ】

一番後回しになりがちな、キャンプ用のグローブですが、安全性や、機能面を考えると、無くてはならないものです。テントのペグダウンからはじまり、薪割りや、焚き火、BBQ、料理にと引っ張りだこです。グローブがない場合のストレスはペグうちの時の血豆や、BBQの時のやけどなど、しなくてもいいストレスです。快適に、安全にキャンプを楽しむために、早い段階で自分の相棒になるグローブが必要です!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。