NANDEMO編集部

生活情報や、書籍etcなんでも紹介ブログです

【漫画】あのイチローも新庄も、楽天マー君も愛読! 伝説の野球マンガ『キャプテン』

\読者登録なにとぞお願いします/

f:id:amatatu_i:20201202205259j:plain

キャプテン

鬼滅のもおもしろい。呪術廻戦最高! 

でも、そういう事とはまた別の次元漫画もあります。誰にでもあるでしょう、心の中にずっと残り続ける漫画の話です。

私にとってその漫画は、ちばあきお先生の『キャプテン』です。

なつかし~と思って頂いた方もいらっしゃるかもしれませんが、最近また書店で並び始めましたのでご紹介いたします。

 

あの世界的メジャーリーガーだったイチローが、オリックス球団の入寮時に、この漫画のDVDを全巻持ち込んだ逸話は有名です。

この漫画は、野球のコーチング的な事は全然書いてありません。

しかし、イチローさんは、プロになっても読んでいます。

この本を読んだからといって、野球が上手になるわけじゃないのに、なぜかこの漫画をイチローは手放さなかった。そのわけを考察します。

 革新的な野球まんが『キャプテン』

 

この『キャプテン』は、週間少年ジャンプ(集英社)で1973年から1978年まで連載されました。

当時のスポーツ漫画は「巨人の星」に代表されるように魔球やはでな熱血展開が主流でした。しかし、この漫画は全く違いました。キャプテンの主人公「谷口タカオ」は、どこにでもいる中学二年生なのです。

しかも、野球はかなりへた才能もないその少年の物語なのです。現代のいじめられっこだった「はじめの一歩」やアニメおたくだった「弱虫ペダル」等の流れを作ったのは、この作品と言えるでしょう。しかし、その2つの漫画のように、何か秀でているものは何も持っていません。

例えていうなら、ワールドトリガーの三雲修くんみたいな主人公です。

 

f:id:amatatu_i:20201202212016p:plain

・あらすじ

この物語は、ある「勘違い」からはじまります。

物語はこの野球が好きなだけで特別上手くもない谷口少年が、墨谷二中に転校してくるところから始まります。野球の名門青葉学院二軍の補欠だった谷口少年は、弱小野球部の墨谷二中の練習を見て、ここならレギュラーになれるかもしれないと、淡い気持ちを抱きます。

そこで、野球部の門をたたいた谷口は、とりあえず前の名門野球部のユニホームで練習に参加します。そこで、勘違いが始まります。墨谷二中のみんなは、谷口の事を、名門青葉学院のレギュラーだったと思いこんでしまうのです。

 その誤解を解こうと説明しようとしますが、気の弱い谷口は、言い出せないまま時間だけが過ぎていってしまいます。もう、かっこう悪くて、ここでも野球ができないと、落ち込む谷口に、父親が、元気付けます。「だったら、青葉のレギュラーと同じくらいの力をつければいいじゃないか」と。そこから、学校の練習が終わった後の血のにじむような努力を毎日毎日続けます。

次のキャプテンを決める時期に来たとき、前キャプテンに谷口が次期キャプテンに推薦されます。その時はじめて谷口は告白します。

僕はウソをついていた。青葉のレギュラーなんかじゃなかったんだ」

泣きながら告白する谷口に前キャプテンは言います。

「そんなの、みんなとっくにわかっていたよ

毎日毎日ボロボロになっていくユニホームを見て、みんなとっくに気がついていました。期待にこたえる為に、どれだけの努力を重ねていたかを。その努力をみんなが認めてキャプテンに推薦されたのです。

そして、キャプテンになった谷口が、試行錯誤しながら、チームを成長させていく物語です。

 

 

・作品のキーワード

この話のウラにある力は『努力』です。昭和の時代の、根性とか努力です。しかも、だれにも知られない『陰の努力』です。

キャプテンになった谷口の考えた練習のきびしさに、谷口の家に抗議に行くチームメイトが、目にするのも、チームの練習で自分の練習に手が回らない為に、夜、夜中まで神社の境内でもくもくと練習する谷口の姿でした。この姿を見て、自分たちのあまさを悟り、抗議をやめるというシーンがあります。谷口のチームを引っ張る力は、言葉ではなく、努力する自分の姿に他ありません。

 先日、元タイガースの、新庄剛志さんが日本のプロ野球にカンバックする為にがんばっているニュースがありましたが、その時に「努力は人に見られたくない」と言っていました。実は、新庄さんもこの『キャプテン』の大ファンだと公言なさってます。新庄さんにもこの精神が心にきざまれているのでしょう。

 イチローさんの根底に流れるのも、この『陰の努力』ではないでしょうか。ストイックなイチローさんは、きっと公表していない部分で、血のにじむような努力をなさったはずです。だから、手元にいつも『キャプテン』があったのではないかと考えます。

・続編 プレイボール2

 

この続編は、谷口が高校生になってからの物語です。お亡くなりになってしまった作者のちばあきおさんの後を次いで、執筆しているのが、コージィ城倉さんです。同作のファンでもあったコージィ城倉さんが、ちばあきおさんの絵のタッチもまねて書いています。Dアニメ等でアニメでも見ることが出来ますので、ぜひご覧下さい。

動画配信

このキャプテンはUーNEXT  DAZN(ダゾーン)Amazonビデオでも見る事が出来ます。

 

プレイボールはHuluで見ることが出来ます。

booklive なら、無料試し読みも出来ます。

 

まとめ

世の中に漫画はあふれていますが、子供の時に読んだ忘れられない漫画は誰にでも在るはずです。イチローさんも新庄さんもそうかもしれません。楽天田中投手もこの漫画のファンだとも言っていました。一流選手の心をとらえてはなさない野球漫画は全然上手くもなく、魔球を投げるわけでもない、ただただ、ひたむきに野球に対してまっすぐに、努力し続け、チームと一緒に成長していく物語だったという所が、とても興味深いものがあります。

よかったら、読んでみて下さい。

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。