NANDEMO編集部

生活情報や、書籍etcなんでも紹介ブログです

【読書】 絶望する為だけに生まれた男!その名は『フランツ・カフカ』!

\読者登録なにとぞお願いします/

f:id:amatatu_i:20201213170344j:plain

『絶望名人 カフカの人生論』カフカ 頭木 弘樹編訳

こんにちは NANDEMO編集部 あまたつです!

どんな人にも多かれ少なかれ悩みがあります。悩みの大きさに絶望してしまう人もいるでしょう。

落ち込んでいる時に、頑張ってとか、希望を持ちなよ、とか、そういう言葉を言われても、励ましてくれた人には申し訳ないですが、あまり心に響かないことが多いと思います。

そんな時、こう言ってあげましょう。

「キミよりやばい人いるよ」

めちゃくちゃ絶望してる人、知りたくない?」

え?」ってなるかもしれません。

その人の名は『フランツ・カフカ』

私も名前だけは、村上春樹さんの著書「海辺のカフカ」で知っていましたが、詳しくは知りませんでした。

しかし、この、

『絶望名人 カフカの人生論』 頭木 弘樹 編訳

を読んで、大ファンになり、そして確信しました

落ち込んでいる人、悲しんでいる人に、明るい励ましはいりません。

本当に必要なのは、カフカであると。

 

 『絶望名人 カフカの人生論』 頭木 弘樹 編訳

 

カフカの紹介

f:id:amatatu_i:20201213172026j:plain

フランツ カフカ

1883年~1924年 チェコ出身でプラハのユダヤ人の商家に生まれます。

保険局に勤めながら作品を執筆し、

1908年に「観察」を発表。その後短編「判決」や代表作の「変身」などの有名作品を発表しますが、結核を発症し、40歳で永眠。

作品が注目されたのは、本人の死後で、「審判」「城」「失踪者」等があります。

 

全ての発言が、ネガティブ。それ以下でもそれ以上でもない

カフカは結婚しませんでした。自分からプロポーズして、自分から婚約破棄を繰り返します。

カフカのラブレター

将来にむかって歩くことは、ぼくにはできません。

将来にむかってつまずくこと、これはできます。

いちばんうまくできるのは、倒れたままでいることです

           カフカの婚約者への手紙

 一番うまく出来ることが『倒れたままでいること』って、大丈夫?

ふつう恋人にこんなラブレターおくりますか? でもこれがカフカです。

ちょっとした散歩をしただけで、

ほとんど3日間というもの、

疲れのために何もできませんでした。

 恋愛関係にあった女性への手紙

 ちゃんと食べてる? 思わず聞きたくなります。

ぼくは、ぼくの知っている最も痩せた男です。

体力はないし、寝る前にいつも軽い体操をすると、

たいてい軽く心臓が痛み、腹の筋肉がぴくぴくします。

               婚約者への手紙

 

 

f:id:amatatu_i:20201214103345j:plain

まずは食べよう

完全に嫌われたがっているような文章ですが、カフカにとっては最高の愛の言葉なのです。

カフカの日記

カフカには自分の気持ちをつづった日記や、小説の発想などをかいた「八つ折り判ノート」という小型のノートがありました。お笑い芸人でいうネタ帳みたいなものでしょう。

しかし、カフカのこのただのネタ帳は、彼の死後友人が発表して、大反響を呼びました

画家のゴッホも生前はパッとしない評価しか得られず、死後とんでもない評価を得ていますが、まさしくカフカも同じです。

ぼくは本当は他の人たちと同じように泳げる。

ただ、他の人たちよりも過去の記憶が鮮明で、

かつて泳げなかったという事実が、どうしても忘れられない。

そのため、

今は泳げるという事実すら、ぼくにとってはなんの足しにもならず、

ぼくはどうしても泳ぐことが出来ないのだ。

                     日記の断片

 これは、いわゆるトラウマのことだと思います。彼には恐ろしく多くのトラウマがあり、水泳もその一つにすぎないのです。

f:id:amatatu_i:20201214105218p:plain

彼は、彫刻を彫り終えた、と思いこんでいた。

しかし実際には、たえず同じところにノミを打ち込んでいたにすぎない

一心に、というより、むしろ途方にくれて。

                      日記の断片

 彼とはカフカ自身の事かもしれません。自分の作品すら、こんな風に見てしまうネガティブさです。

真実の道を進むためには、

1本の綱の上を越えていかなければならない。

その綱は、べつに高いところに張られているわけではない。

それどころか、地面からほんの少しの高さに張られている。

それは歩かせていかせるためよりも、

むしろ、つまずかせるためのものであるようだ。

       罪、苦悩、希望、真実の道についての考察

 避けようとして後ずさりする、しかめっ面に、

それでも照りつける光。

それこそが真実だ。ほかにはない。

       罪、苦悩、希望、真実の道についての考察

 カフカにとって真実は、受け入れがたいものだったのでしょう。嫌がっても追いかけてきて、歩こうとするとつまずかせる、拒絶の対象こそが、真実のように言っています。

二人でいると、

彼は一人のときよりも孤独を感じる。

誰かと二人でいると、相手が彼につかみかかり、彼はなすすべもない。

一人でいると、全人類が彼につかみかかりはするが、

その無数の腕がからまって、誰の手も彼に届かない。

                    日記

 

 

 もちろんとはカフカ自身です。カフカは友人との関わりに希望をもちませんでしたが、その友人が、彼の才能に気が付き、死後何十年もカフカの作品を世に出したのですから、おもしろいものです。

いつだったか足を骨折したことがある。

生涯でもっとも美しい体験であった。

              断片

 骨折を美しい体験とするところが、こころが病んでます。

 

まとめ

このようなネガティブ大全開の手紙をもらった婚約者は、カフカに2回婚約破棄させられた後、裕福な銀行員と結婚し、子供も出来て幸せに暮らしたそうです。しかし、カフカからもらった沢山のネガティブラブレターを一枚も捨てることはしなかったそうです。大事に持ち続けました。

 

もう一人の婚約者は、ユダヤ人ということで、ナチスに捕らわれる時に、わざわざ手紙を友人にあずけて隠したそうです。

もしかしたら、一点の晴れ間もない、ネガティブの言葉は人を引きつけてやまないのではないでしょうか。

 

人生に絶望してしまった人、生きていくのが辛い人、死にたいとすら思ってしまう人に、きっとカフカの言葉は届くかもしれませんぜひ、お手にとってみて下さい。

 

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。