NANDEMO編集部

生活情報や、書籍etcなんでも紹介ブログです

【アウトドア】寒い時、あったら最高「薪ストーブ」徹底解説!

\読者登録なにとぞお願いします/

f:id:amatatu_i:20201207215339j:plain

冬のキャンプに最高!

こんにちは NANDEMO編集部 あまたつです。

急に寒くなってまいりました。こんな時、キャンプでの心配の種は、夜の寒さですよね。

昼と夜の寒暖差で、体調を崩してしまっては、元も子もありません。せっかくキャンプに来て、夜に寒くて、凍えながらの食事なんてありえません

そんな時、薪ストーブがあれば、寒さなど心配ご無用です。テントの外で厚着をして焚き火を囲む人をしり目に、テント内薪ストーブの前では、Tシャツでいることすら出来るでしょう。そうは言っても、テントの中に薪ストーブなんて、テントやタープに煙が充満するのではないかという疑問を持つかも知れません。全ての疑問にお答えします。

 

【目次】

 

 冬キャンプでの薪ストーブ徹底解説!

キャンプでは焚き火? 薪ストーブ? メリットデメリット

寒い季節に焚き火に限る!もちろん正解です。しかし、テントの中にまでその暖かさを持ち込む事はできすか?

それが出来てしまうのが、薪ストーブです。薪ストーブとは暖炉と勘違いしがちですが、暖炉はどちらかといえば焚き火に近く、薪の燃える熱で暖をとります。その為、実は、暖炉は、部屋全体は暖まらないのです。

しかし、薪ストーブは本体自体が暖まり熱を出します熱効率焚き火や、暖炉よりも格段に上なのです。そして、実は、薪ストーブは本体の熱だけでなく、煙突の熱も室内を温める重要な要素なのです。その温め効果は本体をしのぐとさえ言われています。

f:id:amatatu_i:20201207220450j:plain

あったかいよ~

 

薪ストーブの設置方法

テント内で、薪ストーブをどの位置に設定するかは、所有者の好みにもよりますが、だいたいストーブをみんなで囲めるように出来るだけ中央に設置するのが一般的です。まず、テントの中央に設置した場合、テントの外に煙突を出す方法は2つあります。

一つ目の方法はそのまま垂直に立ち上げる事です。その際は、テントの上部を煙突に触れないように加工する事が必要です。

2つ目の方法は煙突をいったん横引きし、テントのサイドから煙突を出す、L字形の排出方法です。この場合は、テント自体に穴あけ加工を施さなくても、テントの出入口から出せるので、設置の自由度があがります

L字形の場合に注意しなければならないのは、煙突の長さの横と縦の長さの比率です。煙突の長さは、横1:縦2の比率で設定しなければなりません。例えば横に1mのばした場合は、外に出した縦に伸びる煙突の長さは2mにしなければならないという事です。それ以下になってしまうと、熱効率が悪く、逆流の恐れがあり大変危険です。その為、横引きの距離が長くなると、煙突はかなり長くなってしまうというデメリットはあります。また、横引きの煙突は基本的に、薪ストーブの純正品ではありません。全て自己責任で作業を行わなければならないのです。ホームセンター等で、角を曲げる為の管財エルボーをさがしたり、煙突の長さを調整したりしなければならなくなります。

f:id:amatatu_i:20201207222048p:plain

中あたたか、顔を出して星をみるなんてできますよ

 

薪ストーブの固定方法

L字型にした場合、固定方法も自分の工夫でなんとかしなければなりません。横引きの時は、水平以下にならないように支える支柱が必要となります。これも純正品はありませんので、みなさん様々な工夫をして支柱を自作しています。ホームセンターの煙突コーナーには、折りたたみ式のホルダーなども販売していますので、そこで探すことも出来ます。

 

煙突の連結にはワイヤーホースバンドを使用すると安全です。

縦の煙突の固定方法は、基本的には、煙突のつなぎ目に、2つ割金具を固定し、金具に固定用のカラビナをつけます。そこを起点にし、三点で固定出来るようロープをつなげます。そして、ペグでぐらぐらしないように固定するのが一般的です。炎は出てなくても、本体はもちろん煙突も約300℃程に上昇しますテントの幕と触れないようにする工夫もとても大切になります。2枚の板で触れないようにする等の工夫をしないと、幕が溶けてしまう恐れもあります。触れていなくても、風がふいて接触しないように注意することも重要です。

 

薪ストーブの運搬・収納法

 長い煙突をどうやって運ぶのだろう?と疑問に思う人も多いと思います。しかし、驚いた事に、小さいサイズの薪ストーブであれば、煙突も含めて、リュックに収まり、背負う事も出来るのです。

薪ストーブの収納の基本は、薪ストーブ本体の中に煙突も道具も全て収納します。薪ストーブのメーカーによっては、専用の収納バックが付いているものもありますが、基本は一つのボックスの中に、ばらしてまとめて収納します。煙突も、部品が無くならないようにして、バラして、本体に格納するか、別の専用ケースに保管しましょう。

 

まとめ

薪ストーブは小型であっても、暖かい上に美味しい料理を作ることが出来るのは間違いありません。正しく設置し、煙突も長さの比率を守って取り付けてください。その際、忘れてはならないのが、テント内の一酸化炭素を計測する、一酸化炭素警報機です。

 

 煙は煙突から排出されるので、気をつけてさえいれば、十分安心といえます。テント内に薪ストーブを設置すれば、真冬でも上着がいらない暖かい空間を維持できるのです。薪ストーブは焚き火よりもそばに寄りやすく、じんわりと体を暖めてくれるので人気になっています。

ぜひ、薪ストーブにチャレンジしてみてください!